お正月と日常の違いが嬉しくて

穏やかな気持ちでおれる 外部からの刺激、情報が入らないからですね

洗濯物が外干し出来る  部屋干しは省力の為で、取り込み忘れの防止

陽なたに身を置ける   事務所では日差しを浴びることはない

_           新聞を読み、爪をきり、お茶を飲める、嬉しさ

_           仕事での日常時には太陽の恩恵は受けられない

順不同気の向くままに  何の制約もなく、遣りたいことを、好きに動く

孫と共に過ごす     晦日の年越し、元旦の初詣と七福人めぐり

_           日頃中々触れ合う時間がないので、至福の時になる

_           末孫の習字のお稽古風景を見て、私も孫の後輩に弟子入り

きれいな部屋で     年末は恒例で息子家族に床のワックス掛けをお願いしてる

_           1年間ピカピカの床、家族にして貰った事の嬉しさが格別

夢見心地の年末年始が、あっという間に終了し、
1月6日から営業活動の戦場に戻りました。

厳しい営業活動が生活を支えるのですが、気持ち良く働き、小さな幸を沢山感じ、
仕事寿命を延ばしたいと思い、その為には自身の体と頭の健康寿命を延ばしたいと
念じています。