’18-5 価格改定のその後 ’18-6 サンゲツの誤算で多大なご迷惑をお掛けしております

’18-5 価格改定のその後 

10月1日改定がスタートしました。
まだ日数が経過していないことから、最前線の情報は少ないのですが、「平米100円の値上は
了解もらえなかったが、商品価格、施工代、経費、利益の底上げが出来た。」との嬉しい声も
頂いています。早くに交渉して頂いた結果です。
これから年末需要で引き合いが多くなると思います。
施工の工賃も上げていきたい、それが結果お客様からの施工注文の要望にお応えでき、
仕上がりの良さを評価して頂け安心と信用に繋がると確信しています。
価格と質は連動、良い仕事で良い価格が必要ではないでしょうか。

 

’18-6 サンゲツの誤算で多大なご迷惑をお掛けしております 

・ EBクロスのクレーム対応
・ リザーブ・リフォームセレクションの発売延期
・ 現場配送費の大幅負担の転嫁
・ クロス/床材全般/カーテン/他 の価格改定への広報活動不足
・ 受注、出荷システムの総入れ替えに際しての不具合
 これにより商品の入荷遅延・誤配送等により、私どもからの配送の遅延による大混乱。
 夜中の配送、納品の猶予、締め時間の前倒し等々で、多大なご迷惑をおかけしました
 ことをお詫び申し上げますと共に、ご理解ご協力を頂き、厚くお礼申し上げます。
 2週間経過して10月15日月曜日からの入荷時間は何とか改善されてきました。 

インテリア業界はトップランナーであるサンゲツさんの牽引もあり大きく発展してきました。
その功績は絶大なものがあります。しかしながら、今回の一斉に表面化したトラブルは、
根底にある何かが作用していると思われてなりません。
業界が正常に発展してゆくには、流通の上流から下流の隅々まで、そのビジネスに関連する
企業や、人が痛まないで、お役に立つことが絶対条件だと思います。
ここで一度立ち止まり、じっくり考える事も必要であるとの、天の声なのかも知れません。
一日も早く諸事が正常化され、未来にわたって採算が成り立つ業界に発展するよう、絶大な
リーダーシップを発揮されることを望んでやみません。